生活動線が整った家とは

ugoki
生活動線がスムーズな家であればあるほど、日々の暮らしが楽になるのは言うまでもありません。

例えば、外から帰ってきた時に家の鍵を収納できるスペースが玄関にあれば、鍵の置き場所に困らない上に、鍵を紛失してしまうリスクも避けることができます。

これは毎日の生活を滞りなく送る上で、大変に魅力的な作りの家であると言えるでしょう。

さらに上着やカバンを置く棚がある部屋が、玄関の近くにある間取りであればすぐにソファに腰掛けてくつろぐことができます。

また、洗濯する場所と干す場所が離れているご家庭も少なくありませんが、この一連の作業が1つのスペースで済んでしまうというのが最も理想的です。

そのためには、洗濯機と物干し場を隣接させた間取りにする必要があります。

お料理も、テレビを見ながら炊事ができるようにキッチンを配置すれば、料理が何倍も楽しくなるに違いありません。

家の生活動線で見落としがちなのがトイレの場所ですが、1階と2階にそれぞれ設置すれば、夜中でも階段を使わずにトイレに行けるので便利です。

今家を売るためのコツ

kotu
自分の家を売る事は、何度も経験している人は少なく、ほとんどの人が家を売る未経験者かと思います。
きっと不安もあり、「売れなかったら・・・」「値段がとっても低かったら・・・」そんな不安がたくさんあると思います。

まず売れるか売れないか。
これは、大手の不動産会社では、もし半年以上買い手がつかなかった場合、会社がとりあえず「買い取ります」という事があります。

町の小さな不動産会社では難しいですが、もし売れない事にとても不安のある方は、大手の不動産会社に相談をされると良いと思います。
ただし、不動産会社が買い取る場合は、相場より値段は低くなってしまいます。

ただそういう事も出来ますよ、と太鼓判を押しておいてもらえると、内見などを待っている間も少しだけ気が楽かもしれません。

売却価格の不安ですが、これは3件不動産会社から見積もりを取ると分かりますが、家を売る時の値段はもう決まってしまうものなので、不安に思う事ではありません。

築年数や場所などから決まっているものなのです。

出典;家売却@価格と相場を知って家を高く売るなら

ということがありますので、家は私達の大切なものです。慎重に進めていきたいですね。

生活動線が整った家とは はコメントを受け付けていません。

Posted in 賃貸など

我が家を買ったけど

10ご時世ほど前に家屋を買いました。
うちは異動族で、家屋を買う時には、とっても悩みました。
仮に遠方に異動として、せっかく買った家屋をどうするのか。
考えた性能、仮に異動が決まったら、貸すことに決める、といった決めました。
うちはターミナルからほど近いし、賃貸としても、それなりに需要がありみたいだったからだ。
そう胃腸を括ってしまった後は、やや異動の筋道もなく、ふつうに平和に暮らしていました。
住みなれてきたので、もしも異動として独り暮らし転勤もいいか、という話までしていたんです。
だが。
何となく、来てしまいました。
異動だ。
しかも今度は通勤なんか必要ムリな間隔だ。
この時が来たら、他人に貸そうとしていたのですが、現にとなると社長となるのも苦労に思えてきたんです。
場合によっては事故も考えられますし、そうなったら対応するプライドがありません。
なので普通、並べることにしました。
何分隊か見に来られて、わりと直ちに決まったので、これで良かったのかなと言う気がしていらっしゃる。

古い建物に住んでみたい

古臭い物件に入るという、初めてなのに思い出深い、不思議な気持ちになります。
ほとんど古くさい体験の中にあるものと似ているんでしょうね。
古くさい家屋に住みたい、などというと、新築の方がいいじゃないか、っていわれそうですが、古臭いなりに良さがあるんです。
最近は、古家屋を改装したおところというのが、あちこちで見られるようになりました。
どこも、その古さを活かして、思い切りオシャレだ。
バリヤや窓、梁、限度、、、、どこを見ても、今の建築とは違って秀逸。
ただ、さすが古臭いなりに病状もあって、延々と修復しないといけないらしく、簡単に住めるわけでもなさそうだ。
古くさい家屋をリフォームした時の簡単な査定というのを見てみたんですが、安くてもはじめ千万円という金額になっていました。
やはり、これは飽くまでも概算ですから、壊れたところがあれば直さないといけないでしょうし、いっぱい大変そうだ。
そうしてなにより病状は、その、自分勝手の古い家屋がまったくこぶしに入っていないことなんですが。
必ず、憧れた通りがいいのかも知れません。

階段のある実家と弱い実家

住むからには、賃貸がいいか分譲がいいか。
わが家か一戸建てか。
「住宅」の話題になるって、本当に誰かが聞きます。
「どっちが素晴らしい?」
どうしても、どちらにも特長、足もとがあって、それぞれのモラルで決めて出向くしかないか、というソリューションになります。
なんとなく細い相談なんですが、時点ひとつにしても、とある方がいいのか、弱い方がいいのか?
意見が分かれるのではないかと思われます。
時点がない方がいいというのは、どうしても立ち下りがヤバイ。
洗濯好機が下のフロアで、ベランダは上のフロア、なんていう場合は、洗濯ものを持って時点を往復することになります。
転倒の危険も考えて、手すりを擦り込みたり、時点そのものを潰す住宅もありますね。
段差を絶やすバリアフリーだ。
では、逆に、あった方がいい、というのは、如何なる場合でしょう。
第ゼロに、狭い土の有効活用というのがありますね。
時点がある結果残余を封じることができる、というのも良さそうです。
子供にとっては、娯楽場所にもなりそうですね。
住宅については、はなはだ十人十色。
じぶんにおいて「素晴らしい住宅」に住みたいものですね。

憧れの「美しい家」

建物というニックネームですばらしいんでしょうか。
あの、ドアで靴を脱いで上がる建屋のことなんですが。
内部がどうなっているのかは、わかりませんが、様子だけでも、甚だしく良い心地のところがあるんです。
随分古めかしい建屋らしく、それなりに年季をもらいさせます。
ドアの玄関が開いていて、ちらりとインナーをのぞきました。
あがり框のところには、大きな花瓶に、適切生け花が見える。
近くで見たわけではないので、もしかして造花なのかも知れません。
それくらい立派でした。
どうしても心地がいいので、お業者か何かかと思ったんですが、いよいよただの家屋のようでした。
何人かがおんなじ屋根の下に過ごす、という意味では、わが家も建物も同じです。
も、住人同士の身近のは、案の定建物ではないかという気がします。
わが家では「一緒に生活している」などというセンスは、あまり持ちません。
そんなふうに考えると、建物の方が、もしかして一戸建てもののグッズなのかと思います。

賃貸自宅で暮す態度のアドバンテージは

賃貸家で暮すことは、多くのメリットを享受することができるって私は実感しています。
私が暮らしている賃貸家は築15カテゴリー2LDKの53平米の屋敷だ。2階建ての2階コーナー座敷ですので上の階からの足音などが聞こえません。また家の敷地内にパーキングがありますので、多雨の太陽や重い荷物がある場合にもすぐに座敷に入ることができます。家屋の立体パーキングとは違い、座敷からすぐの平面パーキングを借り受けることが出来るのは、家の大きなやりがいであると感じています。
また貸し賃は周辺の同程度の築キャリアや広さの家屋と比較すると安く借りることが出来ている。私の借りた賃貸家は停止場代込で月収65,000円で借りている。周辺の同程度の条件の家屋ならば、貸し賃70,000円、停止場代10,000円階級が賭けですので、2割以上安い貸し賃で借り入れることができている。
弊社の友人は戸建てや分譲家屋を購入している人も多いのですが、私は家で過ごすことは経済的にも鋭い抜擢です。
また確立儲け税金、抑制費、補修積立勘定などの代金を支払う不可欠もありませんし、給湯入れ物周辺が故障しても貸主氏重荷で修繕して頂ける。
このように賃貸家で暮すことは多くのメリットを享受することが出来ますので、私は今後も賃貸家で暮らしたいと考えています。