一軒家の賃貸住宅とは
賃貸住宅の中でも、大変需要が増えているのが一軒家の物件です。
一般的に賃貸住宅といえば、集合住宅物件のイメージが強いのですが、中には一軒家の物件もあります。
もともと賃貸用物件として建設された一戸建て住宅もあれば、転勤やさまざまな事情で賃貸として貸し出さされている物件もあり、こうした場合には、賃貸の期限の条件が設けられているケースもあります。
一軒家の賃貸物件の魅力は、マイホーム感覚で気軽に住むことができるという点です。
一戸建てを購入するのは、頭金やローン保証料、税金類など本当に多くの費用がかかってしまいますが、賃貸物件の場合には入居時の初期投資が少なくてすみ、敷金と礼金、一ヶ月分の家賃など少額に抑えることができます。
子育て世帯の方などにとって、広々とした一戸建てで暮らすのは大変子供の教育にも良いものです。
このように庭付きの一戸建てに、初期投資をかけずに入居できるのは賃貸の一軒家の最大のメリットと言えるでしょう。

空間の使い方が上手い家は実際よりも広く感じられる
マンションや一戸建ては、室内の広さにばかり注目します。

ですが、室内の広さに注目することも大切ですが、広く見えることも重要でしょう。

たとえば、居住スペースが広くても、収納スペースが少なければ荷物を収納することができません。
そのため居住スペースに荷物が溢れてしまい、ごちゃごちゃとして使いにくい室内になります。

また空間を上手く使っている家なら、実際の面積よりも室内は広く見えます。
この空間を上手く使っている住宅と言えば、狭小住宅です。

狭小住宅は狭い土地に建てるために、建築家が数々の工夫を凝らして設計をおこないます。

その一つが空間の使い方で、採光を計算して室内を広く見せ、デッドスペースに収納スペースを上手く作っています。
狭小住宅というのは、建築家のアイデアが詰まった芸術作品といっても良いかもしれません。

マンションや一戸建てなどの家を探しているなら、単純に家の広さを比較するのではなくて、空間の使い方も参考にしてください。

今のマンションに引っ越してきて、1年ほどが経ちました。
最初は不安だらけでしたが、周りにはお店も多いし交通の便も良いので、不自由なく毎日楽しく過ごせています。

引っ越し先の条件として1番譲れなかったのが「便利な場所」ということだったので、今の家には非常に満足しています。
強いて言うならば、スーパーが少し遠いというのが唯一の悩みでしょうか。

最初この家を見に来たときは非常に驚きました。
第一印象は、広い!でした。

前の家が手狭だったといえばそれまでなのですが、予想していたのとは良い意味であまりにもかけはなれていました。
今でこそ慣れましたが、引っ越してきた直後は手にあまっていました。

それは私だけではなく、家族もそうだったようです。
しかし、家具を置いて生活してみると、家の広さは最初ほど気にならなくなりましたし、丁度よい広さなのではないかとさえ思えます。

最近では余裕もでてきて、近所の穴場のお店も見つけられるようになりました。

父が他界して3年、母も遅い50肩なのか、腕が痛い! とか言い出して、最近では家の維持という仕事が私に回ってきました……。
協力してくれる男手がないのが苦しいところ。

一軒家の暮しは、一見して優雅なようですが、庭ひとっとっても、雑草が生えまくってくるやっかいなシロモノであるということに恥ずかしながら最近、気づきました。
とにかく雑草取りは時間が無いと出来ないので、私のように幼稚園入園前の幼児を面倒みながらとなると結構きつい……。

おまけに、目の前で危ないものはいじれないとなるとなおさらです。
しかし、雑草は容赦なく生えるし玄関前をきれいに花でかざるのも、たゆまぬ努力あってこそ。

いっそのこと、一軒家を放棄してマンションにでも住み替えてしまいたいくらいなのですが、なにぶん母が(肩は痛いが)元気でこの家に拘っていてはそれもできません。
家の中の掃除だけでもかなりのもんなのに……と最近ではがっくりです。

仕事と子育て、そして家の維持。
ただの家事もあると思うと本当に両立は大変です!

住宅街を散歩するのが好きなのですが、新築の一戸建てなどは、できた当初は家主の気合みたいなものを感じますね。
庭のガーデニングを頑張っていたり、きれいに芝が植えてあったり、ウッドデッキが組んであったり。

新しい家に住み始めたわくわく感が、散歩して外から見かけるだけでも伝わります。
しかし、年数がたつにつれ、家主の気合の減少っぷりもよくわかります。

頑張っていた庭のガーデニングも、トーンダウンし、きれいだった芝も雑草に覆われるように。
ウッドデッキも朽ちていきます。

ちなみにウッドデッキは、かなり手をかけ管理することが必要なシロモノらしいです。
ですのえ、憧れがあってウッドデッキを作るなら、メンテナンスをする自信がある場合にかぎったほうがよさそうです。

それは芝にもいえますけども。
それから、マイホームの憧れつながりといえば、「犬を買う」ということがありますが、庭で犬を買うと、犬が思いっきりきれいな芝を穴だらけにするのもよくあることですね。

両立は難しいかと思います。

WordPress | Theme by RoseCityGardens.com