生活動線がスムーズな家であればあるほど、日々の暮らしが楽になるのは言うまでもありません。

例えば、外から帰ってきた時に家の鍵を収納できるスペースが玄関にあれば、鍵の置き場所に困らない上に、鍵を紛失してしまうリスクも避けることができます。

これは毎日の生活を滞りなく送る上で、大変に魅力的な作りの家であると言えるでしょう。

さらに上着やカバンを置く棚がある部屋が、玄関の近くにある間取りであればすぐにソファに腰掛けてくつろぐことができます。

また、洗濯する場所と干す場所が離れているご家庭も少なくありませんが、この一連の作業が1つのスペースで済んでしまうというのが最も理想的です。

そのためには、洗濯機と物干し場を隣接させた間取りにする必要があります。

お料理も、テレビを見ながら炊事ができるようにキッチンを配置すれば、料理が何倍も楽しくなるに違いありません。

家の生活動線で見落としがちなのがトイレの場所ですが、1階と2階にそれぞれ設置すれば、夜中でも階段を使わずにトイレに行けるので便利です。

今家を売るためのコツ

自分の家を売る事は、何度も経験している人は少なく、ほとんどの人が家を売る未経験者かと思います。
きっと不安もあり、「売れなかったら・・・」「値段がとっても低かったら・・・」そんな不安がたくさんあると思います。

まず売れるか売れないか。
これは、大手の不動産会社では、もし半年以上買い手がつかなかった場合、会社がとりあえず「買い取ります」という事があります。

町の小さな不動産会社では難しいですが、もし売れない事にとても不安のある方は、大手の不動産会社に相談をされると良いと思います。
ただし、不動産会社が買い取る場合は、相場より値段は低くなってしまいます。

ただそういう事も出来ますよ、と太鼓判を押しておいてもらえると、内見などを待っている間も少しだけ気が楽かもしれません。
売却価格の不安ですが、これは3件不動産会社から見積もりを取ると分かりますが、家を売る時の値段はもう決まってしまうものなので、不安に思う事ではありません。

築年数や場所などから決まっているものなのです。

出典;家売却@価格と相場を知って家を高く売るなら

初期投資の回収という不動産賃貸経営に付きものの宿命
不動産賃貸経営というものにも、他の事業の場合と同様に初期投資というものがかかります。
というのも、まず最初に賃貸する建物を用意する必要があるために、それを建てるか購入するかしなければならず、そのためには相当額の資金が必要となるからです。
ところが、それだけの資金を自前で用意できる人は、そうそういないために、ほとんどの人は企業の設備投資の場合と同じように、金融機関からの融資によって、それを行うことになるわけなのです。
従って、不動産賃貸経営を始めた当初の目標は、これも企業経営の場合と同様に、この初期投資分の回収ということになるわけです。
このことは、具体的には不動産投資ローンという融資資金の返済、ということになるわけですが、これを収益を出しながら行ってゆかなければならない、というのが不動産賃貸経営というものの現実なのです。
そして、これを上手く行ってゆくことができなければ、単に赤字経営となってしまうだけではなく、ローン破産という悲惨な境遇に堕ちてしまうことになってしまうのです。

家を借りる時の豆知識
家を借りる時の豆知識について、お話させて頂きます。
1、ネットで情報収集をする。
まずは自宅でパソコン、もしくはスマホで賃貸のサイトにアクセスし、情報を収集しましょう。
その際、築年数、間取りやバルコニーの方角を調べるのをおススメします。
西向きの物件は比較的に安いですが、西日のせいで洗濯物の色褪せがひどく、室内でハンガー掛けしている服も知らぬ間に色褪せすることがあるので、おススメしません。
おススメは南向き、次は東南向きです。
また、近くに駅、バス停があるか、スーパーや病院、小さなお子さんがいらっしゃる場合は近隣幼稚園の情報も調べても良いと思います。
2、不動産屋に行く
ネット上だとよく見えても、不動産屋にお願いし実際に足を運んでみないと分からない事も多くあります。
たとえ、その家自体は良くても、近隣に養鶏場があり臭いが気になる事や、隣がゴミ屋敷だったり、バルコニーからの景色が気になったり、目の前が車道で車の通りが多く排気の関係で洗濯が出来なかったりする事もあります。
家だけでなく、その周りの環境もしっかり把握しておくと引っ越しした後のトラブルを回避できると思います。

家の防音は二重サッシがお勧め
家を建てるとなると様々な面を考慮し、限られた予算内で出来るだけ快適に暮らせるようにと設計されると思いますが、その際に大事にして頂きたいのが窓です。
常にエアコンを使用し全く窓を開けないようにしているお宅もたまにありますが、そんな家こそ窓が重要です。
寒冷地だけでなく台風の強い風雨にさらされる地域や暑くなる地域などでもお勧めしたいのが二重サッシです。
普通の窓との違いは、いくつかあります。
まず夏の暑さについて。
陽が当たり外からの熱風がかえって暑いような時間帯は外側も内側も窓を閉めておくと、圧倒的に温度が低く、逆に冬は外の冷気を遮断し中の暖房した空気を逃がしません。
また、外の騒音を遮断してくれるので、雨音や車の走る音、人の声なども聞こえません。
外の音が聞こえないということは中の音も漏れにくいという事になりますので、プライバシーも守られます。
通常の窓よりもお値段は高くなりますが、毎日を過ごす大切な家ですので、妥協しないで頂きたいです。

家のエリア選び
家を手に入れるときには、エリア選びが重要です。
候補地についてはよく検討して選ぶようにしましょう。
快適に便利に暮らすためには、通勤が通学を考慮に入れてエリア選びをするとよいです。
実際の距離ではなく、実際にかかる時間で考えると良いです。
公共交通機関を使う場合には、駅までに行く時間や乗換えの時間なども考慮に入れる必要があります。
毎日のことですから、トータルで実際にどのくらいの時間がかかるのかは重要です。
家の費用を気にし過ぎて、通勤や通学に不便なエリアにならないように注意しましょう。
電車などに乗っている時間そのものが長くても、駅までの距離が短かったり、乗り換えなどがない場合には通勤や通学が楽になります。
学校や病院、スーパーや銀行など生活をしていくうえで不便がないかどうかも確認することが大切です。
いったん家を手に入れてしまうと、住み替えは賃貸のように気楽にすることができません。
様々なことを検討して慎重に選ぶと良いです。

WordPress | Theme by RoseCityGardens.com