生活動線が整った家とは

ugoki
生活動線がスムーズな家であればあるほど、日々の暮らしが楽になるのは言うまでもありません。

例えば、外から帰ってきた時に家の鍵を収納できるスペースが玄関にあれば、鍵の置き場所に困らない上に、鍵を紛失してしまうリスクも避けることができます。

これは毎日の生活を滞りなく送る上で、大変に魅力的な作りの家であると言えるでしょう。

さらに上着やカバンを置く棚がある部屋が、玄関の近くにある間取りであればすぐにソファに腰掛けてくつろぐことができます。

また、洗濯する場所と干す場所が離れているご家庭も少なくありませんが、この一連の作業が1つのスペースで済んでしまうというのが最も理想的です。

そのためには、洗濯機と物干し場を隣接させた間取りにする必要があります。

お料理も、テレビを見ながら炊事ができるようにキッチンを配置すれば、料理が何倍も楽しくなるに違いありません。

家の生活動線で見落としがちなのがトイレの場所ですが、1階と2階にそれぞれ設置すれば、夜中でも階段を使わずにトイレに行けるので便利です。

今家を売るためのコツ

kotu
自分の家を売る事は、何度も経験している人は少なく、ほとんどの人が家を売る未経験者かと思います。
きっと不安もあり、「売れなかったら・・・」「値段がとっても低かったら・・・」そんな不安がたくさんあると思います。

まず売れるか売れないか。
これは、大手の不動産会社では、もし半年以上買い手がつかなかった場合、会社がとりあえず「買い取ります」という事があります。

町の小さな不動産会社では難しいですが、もし売れない事にとても不安のある方は、大手の不動産会社に相談をされると良いと思います。
ただし、不動産会社が買い取る場合は、相場より値段は低くなってしまいます。

ただそういう事も出来ますよ、と太鼓判を押しておいてもらえると、内見などを待っている間も少しだけ気が楽かもしれません。

売却価格の不安ですが、これは3件不動産会社から見積もりを取ると分かりますが、家を売る時の値段はもう決まってしまうものなので、不安に思う事ではありません。

築年数や場所などから決まっているものなのです。

出典;家売却@価格と相場を知って家を高く売るなら

ということがありますので、家は私達の大切なものです。慎重に進めていきたいですね。

生活動線が整った家とは はコメントを受け付けていません。

Posted in 賃貸など

マンションを組立てるときに親を頼る

 実家を組み立てるときに、どうしても自分が所持している元金や住宅割賦だけでは建てられないことがあります。そんなとき、誰もが頼りにするのは両親の備蓄ではないでしょうか。ちゃっかり輩の両親ならば、自分のちびっこが実家を築き上げるときの増やしにという、かなりの総計を貯金しておることがあります。

 その元金を実家を建てるときの手付け金にすれば、甚だラクラク実家を築き上げることができます。大人になってからも両親のスネをかじることには抵抗があるかもしれませんが、実家という大きな購入をするためには、そして両親の思いの丈が必要になるときもあります。両親はちびっこが心配で備蓄を通しておくわけですが、実家という形の居残る物に元金を変えれば両親も喜んでもらえる。
マンション探したところ⇒http://www.mecsumai.com/
 また、残余があれば両親のルームや在宅ゆとりも正しくつくり、二所帯住宅などにして両親といった同居をすれば親孝行になります。両親が源を残しているという限られたケースではありますが、実家を築き上げるときに両親をかけるのはどうしても悪いことではないというこちらは思っています。

不動産 登記に関する基礎知識

不動産 登記に関する基礎知識
土地や建物などの不動産は、面積(=地籍といいます)や地目、所有権や抵当権などの権利に関する内容を登記簿に記載します。
 不動産には名前を書いたり、持ち歩くことができず、時々ドラマなどで目にすることがありますが、権利証を手に入れれば自分のものというわけではありません。
登記簿は、手数料を払えばだれでも閲覧することができ、所有者は登記簿で確認することができます。
 売買などで所有権を移転するときは、売り手は権利を失うので、より厳重な本人確認をするため、実印の押印と印鑑証明が必要、買い手は権利を得る側なので、本人確認は売り手に比べると柔軟で、登記する住所を確認するために住民票を添付することになっています。
そのため、所有者が知らないうちに所有権が移転していることはあり得ないので、登記簿には不正がないという仕組みです。
 ところで、不動産の登記をする際には、登録免許税という費用が掛かります。
 所有権の移転登記の際は買手が費用を負担、抵当権の設定や抹消の時には、お金を借りる、不動産の所有者が費用を負担します。

不動産 登記に関する基礎知識 はコメントを受け付けていません。

Posted in 賃貸など

初期投資の回収という不動産賃貸経営に付きものの宿命

初期投資の回収という不動産賃貸経営に付きものの宿命
不動産賃貸経営というものにも、他の事業の場合と同様に初期投資というものがかかります。
というのも、まず最初に賃貸する建物を用意する必要があるために、それを建てるか購入するかしなければならず、そのためには相当額の資金が必要となるからです。
ところが、それだけの資金を自前で用意できる人は、そうそういないために、ほとんどの人は企業の設備投資の場合と同じように、金融機関からの融資によって、それを行うことになるわけなのです。
従って、不動産賃貸経営を始めた当初の目標は、これも企業経営の場合と同様に、この初期投資分の回収ということになるわけです。
このことは、具体的には不動産投資ローンという融資資金の返済、ということになるわけですが、これを収益を出しながら行ってゆかなければならない、というのが不動産賃貸経営というものの現実なのです。
そして、これを上手く行ってゆくことができなければ、単に赤字経営となってしまうだけではなく、ローン破産という悲惨な境遇に堕ちてしまうことになってしまうのです。

初期投資の回収という不動産賃貸経営に付きものの宿命 はコメントを受け付けていません。

Posted in 賃貸など

家を借りる時の豆知識

家を借りる時の豆知識
家を借りる時の豆知識について、お話させて頂きます。
1、ネットで情報収集をする。
まずは自宅でパソコン、もしくはスマホで賃貸のサイトにアクセスし、情報を収集しましょう。
その際、築年数、間取りやバルコニーの方角を調べるのをおススメします。
西向きの物件は比較的に安いですが、西日のせいで洗濯物の色褪せがひどく、室内でハンガー掛けしている服も知らぬ間に色褪せすることがあるので、おススメしません。
おススメは南向き、次は東南向きです。
また、近くに駅、バス停があるか、スーパーや病院、小さなお子さんがいらっしゃる場合は近隣幼稚園の情報も調べても良いと思います。
2、不動産屋に行く
ネット上だとよく見えても、不動産屋にお願いし実際に足を運んでみないと分からない事も多くあります。
たとえ、その家自体は良くても、近隣に養鶏場があり臭いが気になる事や、隣がゴミ屋敷だったり、バルコニーからの景色が気になったり、目の前が車道で車の通りが多く排気の関係で洗濯が出来なかったりする事もあります。
家だけでなく、その周りの環境もしっかり把握しておくと引っ越しした後のトラブルを回避できると思います。

家を借りる時の豆知識 はコメントを受け付けていません。

Posted in 賃貸など