初期投資の回収という不動産賃貸経営に付きものの宿命

初期投資の回収という不動産賃貸経営に付きものの宿命
不動産賃貸経営というものにも、他の事業の場合と同様に初期投資というものがかかります。
というのも、まず最初に賃貸する建物を用意する必要があるために、それを建てるか購入するかしなければならず、そのためには相当額の資金が必要となるからです。
ところが、それだけの資金を自前で用意できる人は、そうそういないために、ほとんどの人は企業の設備投資の場合と同じように、金融機関からの融資によって、それを行うことになるわけなのです。
従って、不動産賃貸経営を始めた当初の目標は、これも企業経営の場合と同様に、この初期投資分の回収ということになるわけです。
このことは、具体的には不動産投資ローンという融資資金の返済、ということになるわけですが、これを収益を出しながら行ってゆかなければならない、というのが不動産賃貸経営というものの現実なのです。
そして、これを上手く行ってゆくことができなければ、単に赤字経営となってしまうだけではなく、ローン破産という悲惨な境遇に堕ちてしまうことになってしまうのです。

初期投資の回収という不動産賃貸経営に付きものの宿命 はコメントを受け付けていません。

Posted in 賃貸など