階段のある実家と弱い実家

住むからには、賃貸がいいか分譲がいいか。
わが家か一戸建てか。
「住宅」の話題になるって、本当に誰かが聞きます。
「どっちが素晴らしい?」
どうしても、どちらにも特長、足もとがあって、それぞれのモラルで決めて出向くしかないか、というソリューションになります。
なんとなく細い相談なんですが、時点ひとつにしても、とある方がいいのか、弱い方がいいのか?
意見が分かれるのではないかと思われます。
時点がない方がいいというのは、どうしても立ち下りがヤバイ。
洗濯好機が下のフロアで、ベランダは上のフロア、なんていう場合は、洗濯ものを持って時点を往復することになります。
転倒の危険も考えて、手すりを擦り込みたり、時点そのものを潰す住宅もありますね。
段差を絶やすバリアフリーだ。
では、逆に、あった方がいい、というのは、如何なる場合でしょう。
第ゼロに、狭い土の有効活用というのがありますね。
時点がある結果残余を封じることができる、というのも良さそうです。
子供にとっては、娯楽場所にもなりそうですね。
住宅については、はなはだ十人十色。
じぶんにおいて「素晴らしい住宅」に住みたいものですね。